漢方専門医 Dr.CaCo(ドクターカコ)

漢方専門医 Dr.CaCo(ドクターカコ)
ホーム > Dr.CaCoについて

Dr.CaCoとは?

 医師として、内科学を修得し、さらに漢方医学を研究してきました。その目的は、「女性の疾患予防とライフサポート」です。これまで多くの大学病院や漢方専門研究施設で様々な試みを行ってきました。
その中でも、日本で初めての「冷え症外来」の開設に携わって以来、冷えで悩んでいる多くの女性たちの助けになえればと、現在も研究を重ねています。その成果を皆様にわかりやすく、理解していただくために「体のなかからキレイになる漢方的暮らし」を合言葉に、漢方をもっと楽しく、もっと深く、もっと身近に感じて頂けますよう活動していきたいと考えております。

渡邉賀子プロフィール

漢方専門医 医学博士
Dr.CaCo M.D.,ph.D.
 医学博士、日本東洋医学会専門医・指導医。和漢医学薬学会評議員。
 1987年、久留米大学医学部卒業後、熊本大学第三内科へ入局。その後、近畿大学東洋医学研究所、北里研究所・東洋医学総合研究所を経て、現在、慶應義塾大学大学医学部漢方医学センター 非常勤講師。
 1997年、北里研究所にて日本初の『冷え症外来』を開設、冷え症の診断と治療にあたってきた。2003年、慶應義塾大学大学病院・漢方クリニックにて、女性専門外来『漢方女性抗加齢外来』を開設。また2004年、麻布ミューズクリニックを開院。
 ABH (American Board of Hypnotherapy) NGH (National Guild Hypnotists) 認定セラピスト。より健康で美しい女性の一生をサポートするために、現代医学的な診断を行った上で、漢方薬を中心とした内科治療を行ってる。
 その他、マスコミや講演活動を通して、漢方の啓蒙と普及に力を注いでいる。

漢方専門医 Dr.CaCo(ドクターカコ)

略歴

1987
久留米大学医学部卒業
1987
熊本大学第三内科・研修医
1988
国立熊本病院・研修医およびレジデント
1990
近畿大学東洋医学研究所・助手
1993
北里研究所東洋医学総合研究所・研究員
2003
慶應義塾大学医学部漢方医学講座・非常勤講師
2004
麻布ミューズクリニック開業

主な役職

  • 帯山中央病院院長
  • 麻布ミューズクリニック名誉院長
  • 慶應義塾大学大学医学部漢方医学センター・非常勤講師
  • 日本東洋医学会専門医 ・指導医
  • 和漢医薬学会・評議員
  • 女性医療ネットワーク・理事